鉱物油は危険な可能性がある 

化粧品添加物のひとつに鉱物油がありますが、それを含む化粧品を使い続けると、肌に深刻な悪影響を及ぼす恐れがあります。

ワセリンや流動パラフィンなど、石油から精製した油のことを鉱物油と言いますが、性質が非常に安定しているので、これが入っていると、化粧品が非常に伸びやすくなります。

伸びやすいと、肌にフィットする感覚があるので使用感が良く、価格も安いので、化粧品の添加物としては良く見かけるものです。

しかし中には質の悪いものも混ざっているので、そのような刺激の強いものを使うと、シミやソバカスが出来やすくなったり、肌がかさつきやすいので、注意しなければなりません。

それでも他の添加物ほど危険というわけではありませんが、石油から精製した油が配合された化粧品が肌の奥まで浸透するのは考えにくいことです。

大量に入っていると、お肌が呼吸できなくなり、新陳代謝を乱すようになるので、それが原因で湿疹や吹き出物などが起きることもあります。

それに鉱物油が入っている化粧品は、成分が肌の奥まで浸透しないため、パッチテストで効果があらわれにくいとも言われているので、これでは自分の肌に合うかどうかを事前に確かめることが出来なくなります。

添加物というのは、基本的に肌に負担を与えるものが多いので、まったく入っていないのに越したことはありません。

今は余計な添加物が一切入っていない、自然派由来の成分だけで作られた無添加化粧品があるので、敏感肌やアトピー性皮膚炎の方は、そのようなものを選んで購入すると良いでしょう。

オリーブオイルやホホバオイルなどの植物由来成分が鉱物油の代わりに入っていることもありますし、スクワランや馬油などの動物性天然成分が配合されていることもあります。

石油から精製した油を使うよりも、そのような自然にある天然オイルが入っているものを使った方が、肌に優しいのは間違いないので、これから肌に優しい化粧品を購入しようと考えている方は、無添加のものを選ぶようにしましょう。