天然・自然が安全とは限らない

肌に優しい化粧品が気になるといっても、天然のものや自然のものが安全とは限りません。

肌に合わなければ、天然のものであってもアレルギーを起こすからです。

石油系成分などの問題点が指摘されていますが、石油系成分やケミカルなものにだけ警戒すればよいというものではありません。

肌に負担をかけない肌に優しい化粧品が気になるのであれば、中身をキチンとチェックして自分に合うものを選ぶ必要があります。

無添加の化粧品は肌に優しいというイメージがありますが、無添加という言葉を信じすぎないほうが良いです。

厚生労働省所管の薬事法という法律で定められている成分が無添加であれば、無添加という表示は使うことができます。

旧表示指定成分が無添加という表示になっていることが多いです。

また、植物成分が少しでも配合されていれば自然派など、イメージ優先の言葉が使われていることが多くなっていますので、中身を確認しないと肌に優しい化粧品かどうかを判断することはできません。

同じように、オーガニックという言葉も単純に信じるのは避けたほうが賢明です。

オーガニック化粧品に関する厳密な決め事が日本にはないため、オーガニック成分が少しでも入っていればオーガニック化粧品という表示になっていることがあるからです。

また、成分表示上、全く問題のない化粧品であっても、単純に信じることはできません。

なぜなら、原料を抽出する際や抽出した成分を保存するために表示にない成分が使われていることがあるからです。

キャリーオーバーのために使われてる成分に関しては、表示の義務がありません。

そのため、表示されている以外の成分が混ざっていることがあり、それが肌に合わなくてトラブルになる方もいらっしゃいます。

原料となるハーブなどが安全でも、抽出や保存に化学成分が使われている場合も考えられます。

肌に優しい安全性の高い化粧品を手に入れるためには、原料だけでなく、製造工程のことも含めて信頼できるメーカーのものを選ぶ必要があります。